Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の労災保険の入り方!特別加入制度とは?

労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)は18日で
ウーバーイーツの配達員に
労災保険ができる特別加入制度を導入するということがわかりました。

日本フードデリバリーサービス協会によると、自転車配達員は約9万人いるという
ことでしたが

配達時の保険などがないことから
不満の声が上がっていました。

保険が導入されるのはいいことですね

では今回はその労災の入り方
特GB越加入制度とは何なのか?調査しました。

労災保険の加入方法は?

労働保険とは二種類あり
労災保険と雇用保険は少し違いがあります。

労災保険
業務上でのケガや病気をした際、事業主は労働基準法により療養補償・休業補償・障害補償・遺族補償などを行なう法的義務が有ります。 これらの補償は事業主の費用負担となり、時として膨大な金額を支払わなくてはなりません。 万が一の労災の補償をしてくれるのが労災保険となります。
原則として従業員を雇用している事業所は法人、個人を問わず、適用事業所となります。

雇用保険
労働者が失業した場合や雇用の継続が困難となる理由が生じた場合に必要な給付を行うのが雇用保険です。 失業保険をメインとしていますが、雇用者側にも労働者の雇用維持を図るための助成金や、労働者を新たに雇い入れるための助成金、労働者の処遇や職場環境の改善を図る助成金など労働者の失業防止やキャリアアップといった事に助成してくれる保険でもあります。

ざっくりいうと、労災はアルバイトなどに適用されて
雇用保険は正社員などに適用されることが多いです。

今回ウーバーイーツの配達員は
区分としては個人事業主になります
なので、雇用保険は適用されず
労災保険が適用になります

まず通常の労災の入り方としては

労働基準監督署へ行く

労災保険加入のための書類を、会社の所在地を管轄する労働基準監督署でもらいます。

窓口は労災課になります。

必要書類を揃える

労働基準監督署での加入手続き

などの順番になります。

加入の仕方がわからない方は
お近くの労働基準監督署に行ってください

労災保険への特別加入とは?

厚生労働省のHPを参照した所
特別加入制度についての説明はこうです

特別加入制度とは、労働者以外の方のうち、業務の実態や、災害の発生状況からみて、労働者に準じて保護することがふさわしいと見なされる人に、一定の要件の下に労災保険に特別に加入することを認めている制度です。特別加入できる方の範囲は、中小事業主等・一人親方等・特定作業従事者・海外派遣者の4種に大別されます。

つまり、先ほどの労災保険や雇用保険は個人事業主は適用されないということで

それを特別に認めるという制度ですね

そのまんまです(笑)

事故保険内容と労災の違いとは?

事故保険などの違いに関しては
事故保険は事故した時に
他人や物品に損害を与えた場合
保険会社が負担してくれるというものです。

ですが労災は
仮に病気や怪我をした場合に
現金でお金を給付してくれるという制度です
その額は収める保険金額によります

なので入っておいた方が得だけど
絶対に入らないといけないわけではないですね。

しかも労災保険は自己負担ですから
個人の判断に任されています。

まぁ個人的には何があるかわからないから
入っておくことをお勧めします。

もし怪我した時にお金がもらえたら安心ですからね。

ゼロから副業で家にいながら稼ぐ方法を教えます。

ブログのみで15万円稼ぎ、
副業を教えたクライアントも20万円稼いだ方法を全て教えます^^

今の給料以上に安定したお金を稼ぎたくないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。