ブラインドサッカーのキーパーは健常者?通常ルールの違いは?

ブラインドサッカーというスポーツは
ご存知ですか?

パラリンピックにも指定されてるスポーツですが

東京パラリンピックに出場する
5カ国が参加する5人制サッカーのワールドグランプリが開催されました。

日本世界ランク12位でしたが、14位のフランスに勝ちました。

このブラインドサッカーですが
一つ疑問に思ったのが

キーパーはどうしてるのか?

が個人的には気になりましたので調査しました。

通常サッカーのルールの違いについて

まずは通常ルールとの違いですが

通常サッカーは11人でプレイしますが
ブラインドサッカーは5人

さらに試合時間も20分です。

ピッチサイズは40m×20m
ワールドカップやオリンピックでは、縦105m×横68m
なので、かなり狭いですね。

でもまぁ5人ですので
半分くらいの人数なので
そこまで広い必要もないですね。

ボールは音のでるボールですので
基本的に音を頼りにプレイします。

サッカーとの違いは
ボールを持っているプレイヤーにディフェンスする時に
「ボイ」スペイン語で「行く。」という意味の単語を発しないと
いけません。

目が見えないので、自分の馬syを知らせる必要があるんですね。

通常のサッカーとは違いむずかしいそうですね。

キーパーは健常者?

キーパーは目が見えなかったら
どうやってボールを取るんだろう?

と思ったんですが

キーパーは見える人(晴眼者または弱視者)が行うそうです。

ボールが来る方がわからなかったら怪我をする恐れがありますから
そこは安心しました。

さらに
フィールドプレーヤー4人はアイマスクをした状態で行いますので
弱視の人もフィールドプレイヤーとして

活躍できます。

基本的には、健常者というよりも
目が見えにくい人がキーパーをやる場合が多いみたいですね。

このまま日本が活躍していってほしいですね!

SNSの声

プレイの様子です。

この動画とか
もはや見えてないことが信じられないレベルです・・・・

やはり世界レベルは凄いですね。

ゼロから副業で家にいながら稼ぐ方法を教えます。

ブログのみで15万円稼ぎ、
副業を教えたクライアントも20万円稼いだ方法を全て教えます^^

今の給料以上に安定したお金を稼ぎたくないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。